お知らせ

2021.6.10|飯塚紀則さんの『田中の家に犬がくる』が電子版で新登場しています!アマゾン等複数の電子書店がインターネット上で販売しています。

2021.6.7|菱崎博『舞鶴湾の風』の書評が「しんぶん赤旗」に掲載されました。評者は松木新さん(文芸評論家)です。 >>記事(PDF)

2021.5.28|大内要三『おおすみ事件 輸送艦・釣り船衝突事件の真相を求めて』の書評が「ジャーナリスト」5月25日号に掲載されました。評者は沢田正さんです。 >>記事(PDF)
「しんぶん赤旗」5月30日号に、林利光『ウイルス感染症のパンデミックと国民生活』が紹介されました。 >>記事(PDF)

2021.5.26|菱崎博『舞鶴湾の風』の書評が『人権と部落問題』6月号に掲載されました。 >>記事(PDF) 評者は松井活さんです。同誌には、9人の感想文も掲載されています。

2021.5.24|玄間太郎『栃尾郷の虹』が「東京民報」に書評紹介されました。評者は柏木新(話芸史研究家)です。>>記事(PDF)


▶もっと見る>>
最新刊

パンデミック対応に求められる公平性と透明性
(2021-24)

まっすぐに向き合う、ちょうどいいとき
(2021-23)

過ぎ去らせてはならない過去
(2021-22)

戦争体験をなぜ継承しなくてはいけないのか
(2021-21)

戦争体験を継承する若い世代のこころみ
(2021-20)

MORE...

【新連載】弊社では随時、提言を掲載していきます。  
第1回は林利光さん(富山大学名誉教授)の「コロナパンデミック問題について」。  
週1回、5回連載の予定です。

あなたの原稿を本にしませんか

弊社では自費出版をお受けしています。これまでに培った経験と実績を活かして、出版してよかったと喜ばれる本にしたいと心がけています。>>詳しくはコチラ

ご購入案内 

小社が発行する出版物は、全国の書店様でお買い上げ・ご注文いただけます。
>>詳しくはコチラ 





話題の書籍
定期誌