ホーム定期誌一覧 理科教室 > 2021年5月号 vol.64 No.5

理科教室

2020年5月号 vol.64 No.5

科学教育研究協議会 編

特集:ヒトの体の学習で大事にしたいこと

ヒトの体の学習について、小学校であれば個体レベルに注目する。中学校であれば細胞レベルおよび個体レベルまで着目し、進化の視点も意識する。高校であれば、分子レベルから個体レベルにまで着目し、さらには人類の変遷も意識する。──ということになろう。いずれも、個別の事象を羅列するのではなく、内容を体系化することが大事である。本特集では、小学校での実践、中学校、高校における実習に関連した授業づくりも取り上げ、COVID-19にも言及した。

主張 ヒトの体の学習を個体レベルに着目し体系化しよう/大谷 康治郎
1 ポスト新型コロナ時代のウイルス教育/松田 学
2 低学年でも人の体の学習を/高橋 真由美
3 「ヒトの体」小学校での取り組み/谷 哲弥
4 実感を伴った知識を身に付けさせる/岡田 仁
5 高校生物基礎 免疫実習のアイディア/山本 高之

判型・頁数 B5判・96頁
定価 本体1000円(税込)
ISBN 978-4-7807-1561-3
出版年月日 2021年5月1日

▼ご購入はコチラ

本の泉社通販サイト