青い波がくずれる

青い波がくずれる

在庫あり

文芸

著者

戸石 泰一

出版年月日

2020年10月4日

ISBN

978-4-7807-1981-9

判型・ページ数

四六判 並製 264ページ

定価

1200

書籍説明

宰治が死去して70年以上、いまだにその人気は衰えない。
本書は、太宰の弟子である三人の作家――破滅的な田中英光、不遇の小山清、そして彼らを太宰から離れる心とともに凝視する戸石泰一――三人三様の文学人生をえがいたもの。
文学が青春のものであった時代をただ回顧するのではなく、文学とは何か、生きるとは何か、師弟とは、友情とは……と真摯に問いかけた小説集。人びとが生きてありたいと渇望した時代は、戦時下・戦後のあのときだけでなく、いまもまたそうではないのだろうか。その求める心に、戸石渾身の作品が応えてくれる。

戸石泰一は1919年仙台市生まれ。学生時代から太宰に師事。『太宰治全集』の編集に携わるが、高校教員、東京都高教組の専従役員などを務めたのち作家に専念。『火と雪の森』『五日市街道』『消灯ラッパと兵隊』などの著書がある。

目次

青い波がくずれる・・・ 田中英光について
そのころ・・・ 小山 清とのこと
別 離・・・ わたしの太宰 治
初版あとがき(一九七二年、東邦出版社刊)
戸石泰一さんのこと・・・ 鶴岡征雄