それぞれの新渡戸稲造

それぞれの新渡戸稲造

在庫あり

文芸

著者

青山 淳平

出版年月日

2020年10月15日

ISBN

978-4-7807-1980-2 C0093

判型・ページ数

A5版 上製 296ページ

定価

1800

購入はこちらから>>

書籍説明

新渡戸が著した「BUSHIDO」は正義、高潔、真理の道を説き、高貴なる義務(ノブレス・オブリージュ)を求める。世界を見つめ、日本を思う新渡戸稲造をえがく小説三選。
新渡戸が創設した札幌の夜学校。教えを心底ふかく宿す老女がつぶやく気象通報には…(『札幌遠友夜学校』)。
稲造やその父・十次郎、祖父・伝たちの事績を、新渡戸につながる人たちが現代に受け継ぐ思い(『鞍出山の桜』)。
愛媛県西予市の教会に残る署名のない新渡戸の扁額。戦時下の軍部批判発言とともにその真偽を探る(『新渡戸博士の扁額』)

目次

札幌遠友夜学校
鞍出山の桜
新渡戸博士の扁額