住民参加の 平和都市づくり

住民参加の 平和都市づくり

在庫あり

社会

著者

田辺 勝義

出版年月日

2020年1月12日

ISBN

978-4-780-1955+0

判型・ページ数

四六判・144ページ

定価

1200

書籍説明

本書には、住民、市民、若者が自主的に住民運動や市民運動を起こして、地域や街や環境を変え、未来に引き継ぐ道筋をつくりあげた経過が示されたいます。第一章では、戦前、南武線(現在のJR南武線)沿いに拡張した軍事工場用地が、戦後は米軍(当時の用語は「進駐軍」)に接収された土地を住民の運動で返還させ、跡地に「中原平和公園」を実現した経緯が詳しく紹介されています。さらに、樹林地の保全、水辺を蘇らせたとりくみなど川崎市内の運動を紹介、住民運動の参考書として最適な一冊です。

目次

第1章「平和をきずく市民のつどい」三六年─川崎の平和都市づくりを顧みる
第2章 街中の樹林地保全の試み
第3章 どうすれば街中の水辺は甦るか─川崎市・江川の取り組み
第4章 共同発電・おひさまフェスに集う若者たち
【付】  原爆症認定集団訴訟から福島の放射能汚染を考える