東アジア非核化構想ーアジアでの市民連帯を考える

東アジア非核化構想ーアジアでの市民連帯を考える

在庫あり

社会

著者

和田春樹、李俊揆、林泉忠、前泊博盛、メリ・ジョイス、梶原渉

出版年月日

2018/11/15

ISBN

978-4-7807-1914-7

判型・ページ数

A5判 96ページ

定価

本体1000円+税

購入はこちらから>>

書籍説明

原水爆禁止世界大会・科学者集会in東京」は、2018年7月29日に明治大学グローバルホールにて開催されました。本書はその内容をまとめたものです。本集会は、広島・長崎で開催される原水爆禁止世界大会の一環として、研究者・科学者が広く核・平和の問題について考えようという趣旨で開かれてきました。2018年で32年目、前身の原水爆禁止科学者会議から数えると、51年目の開催となります。(「はじめに」より)

目次

第1部 基調報告
朝鮮半島の非核化と日本海・日本列島・沖縄の非核化
第2部 各地域・分野からの報告
朝鮮半島平和プロセスの展開と東アジア冷戦の解体
台湾を取り巻く中米日角逐の新しい展開 ─「2025無核化」政策と運動と兼ねて
朝鮮半島情勢と日米安保 ─在日、在沖米軍基地問題を中心に
東北アジア市民社会ネットワークの取り組みと挑戦
核兵器のない世界と東アジア非核化構想─反核平和運動の課題
第3部 討論