理科教室 2020年6月号

理科教室 2020年6月号

在庫あり

理科教室

著者

科学教育研究会編

出版年月日

2020年6月1日

ISBN

978-4-7807-1550-7

判型・ページ数

B5判96ページ

定価

909

書籍説明

特集 光合成から何を学ぶか《主張》 光合成を多視的に見ていこう
【光合成は正しく理解されているか】 小学校からの光合成の学習は、しっかりと段階を経て教えられているのであろうか。生物系の大学の教授が、光合成の生産物を問うと、酸素と答える大学生が多いことを嘆いていた。植物が光合成を行うのは、酸素をつくるためだと錯覚している。光合成のはたらきで、大気中の酸素が増加し、多種多様な生物が住める環境をつくりだしてきた。その環境を人のはたらきで改変し、逆に生物の多様性が失われようとしている。 現在地球は、温暖化などの環境問題、食糧問題、エネルギー問題など多くの難問を抱えている。光合成を抜きにしては、その問題を語ることができない。光合成を小・中・高で繰り返し学習する意味は非常に大きい。だからこそ生物分野に留まることなく、もっといろいろな分野からアプローチして、光合成を教えていく必要がある。

 

目次