日本の科学者2020年4月号

日本の科学者2020年4月号

在庫あり

日本の科学者

著者

日本科学者会議編

出版年月日

2020年4月1日

ISBN

978-4-7807-1358-9

判型・ページ数

B5判

定価

727

購入はこちらから>>

書籍説明

《特集》九州・沖縄から東アジアの平和を─市民運動の役割と科学者の責任

2019年2月のハノイ米朝首脳会談での事実上の「決裂」、最悪の日韓関係。安倍政権は,沖縄県民の明瞭な意志 を無視して,沖縄県辺野古の新基地建設を進めている。
こうしたときに、東アジアをめぐる 状況をどのように捉え,どのような展望を持って朝鮮半島および日本を含む東アジアの非核化 をすすめ,平和を構築していくのかを考える科 学者集会「九州・沖縄から東アジアの平和をい かに構築するか」を2019年7月に福岡県春日 市で開催した。
本号では、集会で講演した5名の方々に最新情報に基 づく論文を寄稿していただいた。

目次

まえがき 三好永作
言葉の玉手箱 三好永作
東アジアにおける平和の条件 石川捷治
北東アジア非核兵器地帯に向けて ──この機会を逃すな 鈴木達治郎
朝鮮半島の非核平和プロセスにおける現在的争点と課題 ──韓国市民社会の視点から 李 俊揆
「辺野古新基地反対」の沖縄県民の意思がもたらすもの 亀山統一
新田原基地爆音訴訟 ──自衛隊基地単体での初めての基地訴訟の意義 西田隆二
ありふれた奇跡 ─生きる基本の水と憲法 坂本一光
イージス・アショアとDSレーダー ─弾道ミサイル防衛・宇宙監視の新基地が山口に 増山博行
AI と社会(2) ─自動運転AI とフレーム問題 小倉久和
民間企業JR 東海によるリニア中央新幹線建 設の構造的な矛盾─金は欲しいが,口は出すな 小林 収
日本の建設残土問題を考える 畑 明郎
ドイツの建設廃棄物行政 川崎陽子
原水禁運動の分裂について ─運動圏にも必要な歴史の記録と共有 豊島耕一
〈読者の声〉
〈科学者つうしん〉
〈編集後記〉(鴫原敦子)