保健室(電子書籍)

保健室(電子書籍)

在庫あり

保健室

著者

全国養護教諭サークル協議会

出版年月日

ISBN

判型・ページ数

A5判 80ページ

定価

600

購入はこちらから>>

書籍説明

「保健室」の新たな出発に向けて
前号180 号で記念すべき30 周年という節目を迎えることができました。
さて、すでにお知らせしていましたが、発行元を181 号より「農山漁村文化協会( 農文協)」から「本の泉社」へ移行することとなりました。1991 年より長きにわたり、私たちを支えご指導、ご協力いただいた農文協には深く感謝しております。
子どもの実態から出発し、仲間の実践から学び合う全養サの精神を大事にし、養護教諭として仕事をしていくうえでの羅針盤の役割を果たしてきた『保健室』。養護教諭自身の手でつくりだしてきた『保健室』を今後、発行元としてお世話になる「本の泉社」とともにより一層の内容の充実と、全国の養護教諭を繋ぎ、読者の期待に応えられる『保健室』づくりをめざし、引き続き努力していきたいと思います。今後も多方面からのご支援、ご意見をよろしくお願い申しあげます。
全国養護教諭サークル協議会事務局長 池田真理子

読者のみなさまへ
みなさまには、お元気でご活躍のことと思います。
この度、『保健室』発行のバトンを受けました本の泉社です。小さな出版社ですが、子どもたちの健やかな成長と平和で明るい未来を願う心は、大きなものを抱いていると自負しております。そのために『保健室』の果たしている大切な役割を深く認識しております。
私たちは、発行をお受けするにあたっては、読者のみなさんを大切にし、愛読者がおられるかぎり発行を続けることを誓っています。幸い、経験豊かで深い知識と本誌への愛をもっておられる力強い編集委員のみなさんがおられます。ひきつづき読者のみなさまのお役に立つ誌面をお届け出来ると思います。また、同時に本誌は、読者と一緒に作るみなさまの雑誌でもあります。そこで、読者のみなさまへお願いです。日頃、ご多忙とは思いますが、折り込みはがきで編集委員会にぜひお便りを送って下さい。そして、なによりも、ひきつづきサークルの仲間〈読者〉を増やしていただきたいということです。
みなさまとともに、悩み、考え、これまでと同様に心の通う『保健室』にしていきたいと思っています。異常な気候が続いています。くれぐれもご自愛ください。
2015 年10 月2日
本の泉社 比留川 洋 拝

編集後記
▼一八一号は、「本の泉社」からの発行第一号となる。七月に逝去された正木健雄先生に、お渡しできなかったことが残念でならない。
出版社探しをしていた頃、正木先生は、「本郷あたりを散歩していたので、ちょっと寄ってみました」と、さりげなく「本の泉社」を一緒に訪ね、見事に橋渡しをしてくださった。社長さんは、「一人でも、読者がいる限り発行をつづけましょう!」と、心強い言葉でバトンを受け取ってくださった。
三〇年間、機関誌を発行し続ける意義を語り、いつも励ましてくださった正木先生。その思いを引き継ぎ、新たな地で読者の皆さんと一緒に「保健室」誌つくっていきたいと思う。(天)

目次