主な進行過程

本を製作するにあたり、当社の編集者が、著者の方と打ち合わせしながら納本までの進行などを行います。

① 打ち合わせ・お見積
製作に必要な原稿、図版、写真、などの確認と総頁数、本文・表紙カバーの色数、製本のスタイル、
発行予定日、印刷部数、ご予算などのご希望をおききし、お見積をいたします。
② 出版形態の決定・ご契約
打ち合わせ内容から、出版のタイプを決め、見本本の確認を行い契約を結びます。
(詳細が未定の場合は、未定部分を含んだ契約となります。)出版形態を決定し、著者に費用が発生する場合、
契約時に制作費のお支払い方法について取り決めます。通常2~3回分割とし、契約成立時か原稿受け渡し時に
2分の1か3分の1を前受け金としてお支払いをお願いしています。
③ 原稿の入力・編集・校正
お預かりした原稿の入力・編集作業に入ります。入稿はデータ(ワードなどテキスト形式)を原則としますが、
ご相談に応じます。
④ 著者による内容確認と校正
・編集・入力した原稿案の内容確認をお願いいたします。内容の変更や間違いなどのチェックになります。

・本作成の最終段階にはいります。本のタイトル、表紙や本文の紙質などをここで決定します。
著者側の都合による再変更は別途費用がかかる場合がございます。
また、著者のご希望によりそれぞれの分野の専門家の校正もできます(別途費用)。
⑤ 製版・印刷・製本
弊社編集部の責任で製版・印刷・製本をおこないます。
⑥ 納本
出版社が完成本の発送と国立国会図書館へ納入し、取次店への搬入をおこないます。 著者に費用が発生する場合、2週間以内に総制作費の残りをお支払いいただきます。
本のサイズ一覧
四六判・並製
128mm(W)×188mm(T)
四六判・上製
133(W)×195(T)
A5判・並製
148(W)×210(T)
A5判・上製
155(W)×218(T)
新書判
103×182
B5判
182×257
A4判
210×297
B6判
128×182