国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史

国民の体力と余暇を国家管理に シリーズ1 過去の戦争とスポーツ ーその痛恨の歴史

在庫あり

社会

著者

廣畑 成志:著

出版年月日

2016/10発行(2016/11発売)

ISBN

ISBN978-4-7807-1295-7 C0075

判型・ページ数

A5判 64ページ 並製

定価

定価:550円+税

書籍説明

このシリーズを、戦争を憎み、
平和とスポーツを愛する
すべての人にとどけます。

 

【前書きなど】

この痛恨の歴史を直接の体験をもとに語り伝える人も少なくなり、いまでは勉強しなければならない歴史になってきています。こうした事情から、「史実を学ぶテキストがほしい」との声が聞かれました。これに応えようと、シリーズ「過去の戦争とスポーツ─その痛恨の歴史」の検証と追跡を開始したのでした。

検証の主な対象にしたのは、満州事変(1931年=昭和6)から始まるいわゆる「十五年戦争」の戦間期での出来事にしました。この作業で取り上げ、追跡した史実は多岐におよびました。それらのいくつかを束ねてシリーズにまとめることにし、予定として第1〜第5シリーズとして編集することにしました。(「シリーズの発刊にあたって」より一部抜粋)

 

【著者プロフィール】

廣畑 成志(ヒロハタ セイジ)
1944年生まれ。福岡県出身。東京教育大学体育学部卒業(体育社会学専攻)。日本体育大学大学院修士課程修了(体育学・オリンピック研究)。新日本体育連盟全国役員、一橋大学・中央大学等講師等、日本共産党スポーツ委員会専任を経て、現在、「安保法制廃止をめざすスポーツと体育の会」事務局長。 著書:『終戦のラストゲーム─戦時下のプロ野球を追って』、『コンセプトはアスリート・ファースト』(本の泉社)など。

目次

追跡1 国民の体力を国家が直接管理した

その1.体力章検定の制定

その2.希代の悪法「国民体力法」

その3.厚生体操と歩け歩け運動

その4.心身鍛練の道場と集団修練

 

追跡2 わずかな自由も「余暇善用」と奪った

その1.国民精神作興体育大会

その2.産業報国会の職場厚生運動

その3.旅行は不道徳だと抑制