復興支援ってなんだろう? 人とコミュニティによりそった5年間

復興支援ってなんだろう? 人とコミュニティによりそった5年間

在庫あり

社会

著者

立教大学コミュニティ福祉学部 東日本大震災復興支援推進室

出版年月日

2016年3月11日

ISBN

978-4-7807-1260-5 c0036

判型・ページ数

A5判・248頁(本文)+8頁(グラビア)

定価

1500円+税

書籍説明

私たちの活動は、何か特別な専門的技術をもって、「支援する⇔支援される」「ボランティアする⇔ボランティアしてもらう」という「向かい合う」関係ではありません。同じところ、同じ人たちを、回数を重ねて訪ねることで、自然に信頼関係が築かれ、その結果として、「交流」を重ねてきたに過ぎません。(「おわりに」より)

目次

第Ⅰ章 支える

○ プロジェクトを立ち上げる──「命の尊厳のために」 森本佳樹

○ 復興支援を支援する 東日本大震災復興支援推進室 岡 博大

○ 「善きこと」の交換、分配、共有 権 安理

 

第Ⅱ章 交流する

1 気仙沼・大島交流プログラム  湯澤直美

2 陸前高田交流プログラム  松山真

3 南三陸交流プログラム 河東仁

4 石巻交流プログラム  長倉真寿美・岡田哲郎・坂無淳

5 いわき交流プログラム  熊上崇

6 新宿交流プログラム・東久留米交流プログラム  原田峻

7 学生支援局Three─S  門倉啓介

 

第Ⅲ章 学ぶ

○ 町民が主役の生活支援員制度 南三陸・本間照雄さん

○ 目に見える復興、目に見えない復興 石巻・武内宏之さん

○ 復興の先を見据えて 気仙沼・小野寺憲一さん

 

第Ⅳ章 つなぐ  学生座談会