スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう

スクールソーシャルワークの現場から 子どもの貧困に立ち向かう

在庫あり

教育

著者

大田なぎさ(著)、増山均(解説)

出版年月日

2015年11月15日

ISBN

ISBN9784-7807-1246-9 c0037

判型・ページ数

四六判 224ページ

定価

本体1500円+税

書籍説明

教育と福祉をつなぐ新しい取り組み、スクールソーシャルワーク。子どもを取り巻く環境に目を向け、関係機関と協力して様々な角度から支援の方法を探る。子どもの貧困問題の解決に、これまでにない角度から示唆を与える一冊。

★推薦★

阿部彩さん(首都大学東京教授、「子どもの貧困」)「悽惨な現場。ひとり一人の子どもを救おうとするスクールソーシャルワーカーの毎日に圧倒されます。すべての人に日本の現実を知ってほしい。」

徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループ)「食べる・遊ぶ・寝る。あたりまえの暮らしがままならず、教育にたどり着かない子たちがいる。学校をひらき・つなぐ専門職、スクールソーシャルワーカーに期待している。」

目次

第1章 家庭を訪れる中で見えてきたもの

第2章 子どもの心に寄り添う

第3章 多様なニーズを知る

第4章 学校、関係機関と力をあわせる

第5章 私にとってのスクールソーシャルワーク

第6章 解説(増山 均)

福祉と教育と文化をつなぐ スクールソーシャルワーカーがきりひらく実践の世界