ほんの1ミリの革命 21世紀を生き残りたい人のために

ほんの1ミリの革命 21世紀を生き残りたい人のために

在庫あり

教育

著者

水郷 醒河

出版年月日

2015/9

ISBN

978-4-7807-1240-7 C0036

判型・ページ数

四六判 並製 208ページ

定価

1,400円+税

書籍説明

ひよわな自分に革命を起こそう!!

〝You can be anything you want to be〟
「あなたは、自分がなりたいと思うどんなものにだってなることができる」(映画の中の言葉)

私はやがて教育が崩壊するだろうことに気づきました。彼らのやっている勉強の量が、子どもの許容量をはるかに越えていたからです。
“不自然なことをやっていれば、いつかはかならず破綻が起きる”…… それが、自然界の鉄則です。
そこで、私はフリースクールをつくりました。不自然な教育によって押し出されてしまった子どもたちのための居場所です。
そこに来る子どもたちも、また“マジメ”で“いい子”たちばかりでした。
“ママのいい子からの脱出”
…… それが、彼らに共通した課題であることを痛感しました。
(「まえおき」より抜粋)

 

水郷 醒河(ミズサト セイガ)
高度成長期に熊本市で生まれる。20代半ばまで演劇活動をしながら世界を見て歩く。映像製作の道を断念した後には20年間、地元の進学塾、専門学校(YMCA)、公務員予備校などで講師を務める。その傍ら、90年代より教育問題について雑誌「AERA」「月刊現代」などで発言。96年には熊本県内初のフリースクールを熊本市内に開設。現在は若者たち(20代~30代)の集まる“フリートーキング・スペース”を運営しながら、教え子たちやニートや非正規社員や正規社員の若者たちと語り合い、悩みを聞き、相談に乗っている。不定期開催の「START・FOR・LIFE」という若者のための勉強会も主催。著書に「果てしない夢の翼に乗って」(鳥影社)著述に「子ども達はなぜ死に向かうか」(AERA)「なぜ私はフリースクールを開いたか」(現代)

目次