作文名人への道

作文名人への道

在庫あり

趣味・実用書

著者

田中 定幸他

出版年月日

2015年4月

ISBN

978-4-7807-1217-9 C3037

判型・ページ数

A5判208ページ上製

定価

¥1,800

書籍説明

副題は「報告文・記録文・意見文・紹介文・随筆・物語・ 短歌・俳句」
《前書きなど》
この本を読めば、悩みがふきとんで、書いてみたくなります。書く楽しさを味わえるはずです。小学校の高学年にふさわしい表現力を身につけることができるからです。
この本には、これまでに日本の子どもたちが書いてきた作文をもとに考え出した、つぎのような「作文の書き方のコツ」が書かれているからです。
作文は、書く「内容」によって表現の仕方(構成や記述)がちがってくるところに目をつけているのです。
《前書きなど》
この本を読めば、悩みがふきとんで、書いてみたくなります。書く楽しさを味わえるはずです。小学校の高学年にふさわしい表現力を身につけることができるからです。
この本には、これまでに日本の子どもたちが書いてきた作文をもとに考え出した、つぎのような「作文の書き方のコツ」が書かれているからです。
作文は、書く「内容」によって表現の仕方(構成や記述)がちがってくるところに目をつけているのです。

目次

この本を手にしたみなさんへ 3

・ 基本となる書き方を身につけよう
―― 生活のなかで感じたり、考えたりしたことを書く ―― 9

一 「つぶやき」を書く――「つぶやきノート」を作ろう―― 10
二 心が動いたときの事実を中心に書く――日記を書こう―― 15
三 「ある日、ある時」のことで、心が動いたことを書く
――ある日、ある時の体験をよく思い出して書こう―― 24
四 「何日も続いたこと」で、心が動いたことを書く
――何日間にもわたって考え続けたことを出来事の順に書こう―― 39
五 「いつも思っていること・考えていること」を書く
――よく知っていること、くり返し体験したことを説明するように書こう―― 54
六 「事実」や「具体例」を入れて書く
――根拠をはっきりさせて、考えていること思っていることを書こう―― 68
・ いろいろな文章を書いてみよう
―― 「随筆」「意見文」「物語」などを書く ―― 83
一 随筆を書く――形にこだわらず、すなおに書こう―― 84
二 意見文を書く――新聞に投書してみよう―― 96
三 スピーチ原稿を書く――聞いてわかるように、組み立てを工夫し、ことばを選んで書こう―― 110
四 記録文・報告文を書く――記録をもとに報告文を書こう―― 124
五 紹介文を書く――自分の住んでいる町を観光客に紹介しよう―― 135
六 調べて書く――新聞記者になろう!―― 145
七 コラムを書く――ちょっとした話を、心をこめて書こう―― 158
八 読書感想文を書く――わき上がってきた感動を整理して書こう―― 166
九 短歌や俳句を書く――たくさん読んで、たくさん詠もう―― 177
十 物語を書く――「物語の決まり」を使って書こう―― 191