ホーム定期誌一覧 作文と教育 > 2021年1月号

作文と教育

2021年1月号

日本作文の会 編

特集:今改めて問い直す、学校の存在と子どもの表現 ─コロナの時代に生きる─

子どもたちは学校があること、教師と、また友達とともに学ぶことのありがたみを肌で感じている。学校・教育という同じ場で、コロナという同時代を共に生き、相互に学び合い、思い合うという、共生に関わる基本的な考えを示している。子どもの声を聴きながら、改めて学校の存在とは何なのか、子どもを自他ともに尊重し、子どもの願いを学校に、教室に実現する生活綴方実践はどうあればいいのか。広く、深く交流し合いたいと考え、本特集を組んだ。

学校で学ぶことと生活綴方/川地 亜弥子
コロナの中で書き綴り読み合うこと、そしてつながること/得丸 浩一
学校再開、子ども、親、学校で/近藤  孝
『新しい生活様式』の中で―いま、子どもたちの関係性は―/小野木 こうき
コロナの時代を共に生きる~同時代を生きる人への想像力と生活実感~/白木 次男
「いのち」を密に感じる学びを~沖縄で育つ子どもたちの世界を踏まえて~/村末 勇介

判型・頁数 B5判・72ページ
定価 本体900円+税
ISBN 978-4-7807-1740-2
出版年月日 2021年1月1日

▼ご購入はコチラ

本の泉社通販サイト