子ども白書2016(電子書籍)

子ども白書2016(電子書籍)

在庫あり

子どものしあわせ

著者

日本子どもを守る会

出版年月日

2016年8月15日

ISBN

978-4-7807-1285-8

判型・ページ数

B5版 192ページ

定価

1,600

購入はこちらから>>

書籍説明

今、日本の子ども達は幸せでありましょうか。日本の歴史の中でどの時代の子育ても、何ひとつ心配もなく進められたということはなかったと思われます。それが、21 世紀の今日になっても「子どもを守る」という言葉を腹の底から怒りをもって叫ばなくてはならないということはとても辛いことです。現状では「日本の子どもは幸せです」とは決して申し上げられません。
日本子ども守る会編『子ども白書2016』は、1964 年の創刊以来、52 冊目になります。特集は、差し迫った政治ならびに社会問題としての「18 歳の選挙権」(本年7 月の参議院選挙時で約240 万人)とその諸問題を扱っています。例えば、「10 代の若者と憲法との出合い」「成人とはどういうことか」「高校生の政治活動」「10 代の主権者、社会人教育」「少年法の適用年齢はどうなる」など、的を絞った実践と報告、論稿が収録され、大いに期待されるところです。

目次

〈グラビア〉 年表
〈巻頭言〉 21世紀を子どもの世紀 平和な世紀に! ………………………………… 高橋  栄
発刊にあたって ………………………………………………………………………………… 森本  扶

特 集
◎解 題 …………………………………………………… 森本  扶 イラスト:さいきまこ
●18歳「成人」をめぐる動向を読み解く ……………………………………… 田中 治彦
●18歳選挙権時代のシティズンシップ教育、主権者教育 …………… 林  大介
●18歳選挙権と主権者教育 ………………………………………………………… 宮下与兵衛
●民俗社会における「成人」
─「一人前」とは何か、その変遷 ………………………………………………… 安藤 耕己
●[解説]成年年齢引き下げをめぐる行政・立法現場での議論
─法制審議会・ 民法成年年齢部会における議論など ……………………… 高橋 亮平

ことしの子ども最前線
●食生活の貧困とこども食堂
─子どもの貧困への対抗拠点としての意義 …………………………………… 浅井 春夫
●深刻な保育所待機児童問題
─厳しい実態と解消に向けた手立て …………………………………………… 稲川登史子
●割れる「多様な教育機会の確保法案」
─不登校の子どもや若者のための学習機会の保障をめぐる動き ……… 佐藤 洋作
熊本地震と子どもたち
●熊本地震と子ども・若者 ……………………………………………………………… 山下 雅彦
保育園が私設避難所になって …………………………………………………… 建川 美徳
子どもたちのそばにいる大人の一人として、今自分に何ができるのか … 藤原 朱美
学生村を残したい ……………………………………………………………………… 原田 健汰
ドキュメント 熊本震災と子ども・避難所(学校など)
東日本大震災後を生きる子どもたち

この1年「 未来」ではなく「、いま」を担う子どもたち
─東日本大震災から5年 …………………………………………………………… 吉川 恭平
●福島の今 ─避難指示解除による学校と子ども ………………………………… 境野 健兒
●進化し続ける地域とともに ………………………………………………………… 田中 雅子
●Speaking Out From Tohoku ─子どもの参加でより良いまちに! 津田 知子
トピック 子どもの社会参加の拠点を目指し …………………………………… 進士 知子
▼子どものいのちと健康

子どもをめぐるこの1年
この1年 子どもの“いのちと健康”の現状と子どもの権利条約 …… 野井 真吾
トピック 運動器検診に想う ……………………………………………………………… 松本 稜子
●健康な心に不可欠な〝尊重される体験〟
─川崎市中学生殺害事件から考える …………………………………………… 大前  博
●「安全な組体操」の可能性を探る ………………………………………………… 内田  良
●子どもの発達障がい増加の原因となる環境化学物質 黒田 洋一郎/木村-黒田 純子
●私立学校に通う中高生のからだと心 ………………………………………… 勝崎 由美

〈現場の声〉
子どもと医療
この1年 子どもの医療費負担見直しの実現を ……………………………… 伊東  繁
トピック 子宮頸がんワクチン被害事件 …………………………………………… 片平 洌彦
●貧困が新生児に及ぼす影響 ………………………………………………………… 武内  一
●事例:支援拒否の貧困家庭
─地域の連携で育児を支える ………………………………………………………… 土屋 照美
●歯が貧困のバロメーター ………………………………………………………… 佐野 健太郎
▼子どもと家庭
この1年 多様化する「家族」と「家庭の子育て力」の構築 ………………… 増山  均
トピック さいきまこさんの漫画に学ぶ
─子どもの貧困へのまなざし ……………………………………………………… 岸本 麻依
●家族をクリエイトする時代へ …………………………………………………… 杉山  春
●子どもが抱える家庭の困難
─学童保育の子どもたちの今 …………………………………………………… 角野 いずみ
●家庭教育支援の充実─子育て・孫育てフェスタ …………………… 大谷 裕美子
▼子どもと福祉
この1年 子ども福祉は「投資」ではなく人権保障の視点で …………… 義基 祐正
トピック 保育料負担増に「意義あり」と声をあげた保護者たち
市を動かした札幌保育連の活動 …………………………………… 金倉 かずさ
●学習支援事業の現状と課題
─居場所機能の強化と担い手の確保、財源保障を …………………………… 吉永  純
●増え続ける子ども虐待事例 ─児童相談所の体制強化を ……………… 川松  亮
●社会的養護はいつまで? …………………………………………………………… 永野  咲
●放課後等デイサービスを考える
─実践を創りつつ、制度の改善を ………………………………………………… 村岡 真治
▼子どもと司法
この1年 今、少年司法で検討すべきは対象年齢の